IPMA

知財経営を学ぶ 一般公開資料 知財レポート 知財Q&A USP学習塾

創造技法MC法 中国知財関連 英文特許を読解 WEB教育 IPMAの書籍

知財部門の「働き方改革」を考える

IPMA >> 知財部門の「働き方改革」を考える

知財部門の「働き方改革」を考える

  1. 知財部門の「働き方改革」を考える
    人間は「効率」だけで働くものではなく、また「効率」が人間の生きる「目的」となることもないです。効率的経営はその多くの場合、そこで働く社員の精神的、物理的苦痛を齎します。しかし仕事を見直し、改善することで、その苦痛から逃れることが出来ます。「働き方改革」は源流から見直すのが早道です。いま知財業界で流行りの「IPランドスケープ」の考え方にも触れていますので、お読み頂ければ幸いです。
  2. 世界へ「物・事・考え」を伝える日本語講座
    多くの日本人は、日本語とその文化が抱えている問題について深く考えたことが無いと推察しています。「文化が言語を作り、言語が文化を育てるということに対して無神経ですから、母国語と英語を対比する視点を持ち合わせていません。ある先生が言うには、“詰まるところ、日本語が書けないと英語で書くことができない”と。ぜひ原文をお読み下さい。
  3. ◇持ち運びに便利な小冊子タイプでの印刷を希望される方はPDF化しています
     ・知財部門の「働き方改革」を考える
     ・世界へ「物・事・考え」を伝える日本語講座

    お問い合わせ